ご訪問ありがとうございます


e-工事ナビとは



日本初の建設工事だけの「マッチングサイト」です!
e-工事ナビとはインターネットを使った建設業の新しい受発注サイトです。 インターネットを介して、工事の受発注をすることにより、 発注側、受注側 双方にメリットのあるシステムです。
▶発注側はこちら◀
▶受注側はこちら◀
▶システム◀

(e-工事ナビの画面)


集約から成約まで「e-工事ナビ」がすべてサポートします、 ご安心してご利用ください。

【背  景】
今日、建設業界は、一般競争入札の本格導入、建設投資の削減、 大手ゼネコンの談合決別宣言、建設業者数と建設投資の需要バランスの崩壊など、市場の大きな構造変化の中で厳しい環境に直面しています。 このような経営環境の中で、下請業者、特に中小企業や個人事業主への しわ寄せが問題となっており、構造計算偽造事件や施工不良問題は、 そういった背景があると考えます。 しかし、建設業界はわが国の基幹産業であり、優秀で頑張っている 会社も沢山あります。 そこで、「e-工事ナビ」では、建設業界においてインターネットを使った 新しい営業環境を創造し、中小建設業のネットワークを作り、 相互協力することで建設業界を活性化したいと思います。

『e-工事ナビ』は地元密着型サイトです。
建設工事とは、地元に密着したものです。 たとえば、福岡の工事を北海道の業者がする事は、よほど特殊工事でないかぎりありえませんよね。 全国で見れるインターネットに反しているかと思いますが、地元密着で良いサービスを提供していきたいと思います。

将来的には、全国に拠点を!
将来的には全国の都市に拠点を作り、ネットワークを広めたいと思います。 



「建設工事受発注の無料仲介サイトはこちら」

2008年12月22日

◆建設業界に倒産の嵐   ~若築建設・五洋建設・東洋建設~

大手・新興ディベロッパーの倒産の波が、いよいよ建設業界に押し寄せてきています。


特にマリコン(港湾土木)は、海洋土木の縮小でマンションなどに活路を見出していたが、

過当競争による受注単価で利益も少ない最中、

今回のディベロッパーの倒産で資金が焦げ付いているのだから、かなり厳しい。

手形が割れないなどの噂も流れている。

今後、予断を許さないだろう。





■若築建設

■五洋建設

■東洋建設







同じカテゴリー(■独り言)の記事画像
長谷工 債権の取立不能又は取立遅延のおそれ発表
同じカテゴリー(■独り言)の記事
 建設産業の再編 異業種参入 (2009-02-23 09:00)
 長谷工 債権の取立不能又は取立遅延のおそれ発表 (2009-02-16 09:00)

建設業界に倒産の嵐   ~若築建設・五洋建設・東洋建設~ へのコメント
ご質問があります。
東洋建設は倒産してしまったのですか?
どこの東洋建設のことですか?
Posted by はやし at 2009年02月22日 14:04
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。